院長紹介

Close

電話

予約診療・お問い合わせ等はこちらから

011-817-2271

受付時間:平日08:30 - 18:00まで
(火曜日のみ12:30 - 18:00まで)

  • 症状が解決しない方へ

    頭痛など辛い症状で病院にかかっても、CTやMRIで異常所見がないと、医師から「異常なし」あるいは「ストレス」と診断されがちです。問題が解決されなければ、患者さまは”病院ショッピング”を繰り返してしまいます。

    自分自身の頭痛をきっかけに、頭痛の研究を続けてきました。
    CTやMRIで異常所見がない、又は異常所見が現れ難い症状を診断するためには、患者様の話をよく聞くことが重要です。頭痛以外にも、頚部痛、めまい、しびれ、麻痺、顔面のけいれん、物忘れ、などの症状も診察しています。

  • 経験豊富な医師がご対応します

    私は脳神経外科専門医・脳卒中専門医・頭痛専門医・温泉療法医として、多くの患者様の診療を行ってまいりました。脳卒中のリスク管理、投薬や注射による片頭痛などの頭痛治療、特発性(原因がよく分からない)や外傷後(身体に衝撃が加わった後)に起立性頭痛などの症状を訴える患者様の診療を行っています。

    漢方薬や温泉療法などの代替療法のご相談、眼瞼けいれん・顔面けいれん・痙性斜頚に対するボトックス治療も行っています

    院長 髙橋明弘

  • 院長略歴

    昭和58年

    北海道大学 卒業

    昭和58年

    北海道大学病院脳外科

    平成21年

    東札幌脳神経クリニック 開院

    資格・所属

    資格・所属

    日本脳神経外科学会専門医

    日本脳卒中学会専門医

    日本頭痛学会認定頭痛専門医

    日本温泉気候物理医学会温泉療法医

    北海道大学医学博士

  • 院長活動歴 髙橋院長の執筆物や取材記事など、掲載情報をご紹介致します

    ベストナース(北海道医療新聞社)12月号に脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)(下)
    東札幌脳神経外科 髙橋明弘が掲載されました。

    ベストナース(北海道医療新聞社)11月号に脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)(中)
    東札幌脳神経外科 髙橋明弘が掲載されました。

    ベストナース(北海道医療新聞社)10月号に脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)(上)
    東札幌脳神経外科 髙橋明弘が掲載されました。

    北海道新聞 夕刊「ontona」に『緊張型頭痛』の取材記事が掲載されました。<2011年9月>

    北海道新聞 夕刊「ontona」に『片頭痛』の取材記事が掲載されました。
    <2011年8月>

    道新スポーツに取材記事が掲載されました。<2011年8月>

    北海道新聞 夕刊「ontona」に『脳脊髄液減少症』の取材記事が掲載されました。
    <2011年7月>

    北海道新聞 夕刊「ontona」に『脱水による脳脊髄液減少症』の取材記事が掲載されました。
    <2011年6月>

    HBC「グッチーの今日ドキッ!」で片頭痛が取り上げられ当院が紹介されました。
    <2011年5月>

    北海道新聞 夕刊「ontona」に『こどもの脳脊髄液減少症』の取材記事が掲載されました。
    <2011年3月>

    北海道新聞 夕刊「ontona」に取材記事が掲載されました。<2011年3月>

    北海道新聞 夕刊「ontona」に片頭痛についての取材記事が掲載されました。<2011年2月>

    クオリティー 2009年12月号に掲載されました。

    北海道医療新聞に当クリニックが紹介されました。<2011年2月>

    (株式会社 金芳堂より)『小児・若年者の起立性頭痛と脳脊髄液減少症』が出版されました。
    <2014年11月>